HOME > ブラウザ > Firefox > 複数バージョンのFirefoxを同時に起動する 2

複数バージョンのFirefoxを同時に起動する 2

「Firefox 3.1 beta1」が公開されました。

クリエーターとしては早速使用してみたいところですが、安定性やアドオンの対応状況の問題もありますし、何よりユーザーの環境に合わせることも大事でしょうから、完全に切り替えるわけにはいかないでしょう。

以前、「複数バージョンのFirefoxを同時に起動する」というエントリーで、複数バージョンのFirefoxを同時に起動する方法を紹介しましたが、もっと簡単な方法があったようです。

<作業の流れ>

  1. 2つ目以降のFirefoxのインストール
  2. プロファイルの作成
  3. ショートカットの変更

<Firefoxのインストール>

1つ目のFirefoxとは、別のフォルダにインストールする。

<プロファイルの作成>

起動したいFirefoxの数だけプロファイルを作成する。

  1. Firefoxが起動していない状態で、「ファイル名を指定して実行」でFirefoxの実行ファイルへのパスの後に「 -p」を付けて起動する。
    例: "C:\Program Files\Mozilla Firefox 3\firefox.exe" -p
    (または、「ファイル名を指定して実行」で「firefox --profilemanager」でも起動できる。)
  2. 「ユーザープロファイルの選択」画面で「新しいプロファイルを作成」する。

<メインで使用するFirefoxのショートカットの変更>

メインで使用するFirefoxを起動するショートカットのプロパティーを開き、「リンク先」に「 -p プロファイル名」を追加する。

例: "C:\Program Files\Mozilla Firefox 3\firefox.exe" -p "Version 3.0"

<新しいFirefoxのショートカットの変更>

新しいFirefoxを起動するショートカットのプロパティーを開き、「リンク先」に「 -p プロファイル名 -no-remote」を追加する。

例: "C:\Program Files\Mozilla Firefox 3.1\firefox.exe" -p "Version 3.1" -no-remote

<起動順の注意>

複数のバージョンを同時に起動する際は、最初にメインで使用するバージョンを起動してください。

メインで使用するFirefoxのショートカットのリンク先にも「 -no-remote」を付ければ大丈夫かな?

<参考: プロファイルの場所(XP)>

C:\Documents and Settings\ユーザー名\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles
or
%APPDATA%\Mozilla\Firefox\Profiles\

UP