HOME > ブラウザ > Internet Explorer > 「Internet Explorer 8」には3つのレンダリングモードがあります

「Internet Explorer 8」には3つのレンダリングモードがあります

今までも、「Internet Explorer」には、「標準準拠モード(Standards mode)」・「Quirksモード(互換モード)」の2つのレンダリングモードがありましたが、「Internet Explorer 8」ではこれが、3つのレンダリングモードになるようです。

  1. Quirksモード(互換モード)
  2. IE7標準準拠モード(IE 7 Standards mode)
  3. IE8標準準拠モード(IE 8 Standards mode)

レンダリングモードが異なればHTMLやCSS、JavaScriptの解釈が異なり、表示結果が異なる場合がありますので注意が必要です。

「Internet Explorer 8 RC1」では、ユーザーは「Emulate IE7」ボタンで「IE 7 Standards mode」と「IE 8 Standards mode)」を切り替えることができますが、正式版ではこのボタンがはずされるという話もあるようです。(はずされる可能性が高い)

「EmulateIE7」ボタンのスクリーンショット

また、製作者側でレンダリングモードを指定することもできます。

  • meta要素での指定
  • HTTPレスポンスヘッダでの指定

「meta要素」によるレンダリングモードの指定は、以下のように行います。

  • // IE8標準準拠モードを指定
  • <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=8">
  • // IE7標準準拠モードを指定
  • <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=7">
  • // Quirksモードを指定
  • <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=5">

現在のレンダリングモードはJavaScriptで「document.documentMode」プロパティの値を調べることで確認できます。

  • 5 → Quirksモード
  • 7 → IE7標準準拠モード
  • 8 → IE8標準準拠モード
UP