HOME > ブラウザ > Internet Explorer > 「Web Accessibility Toolbar」でアクセシビリティのチェック

「Web Accessibility Toolbar」でアクセシビリティのチェック

「Web Accessibility Toolbar」は、オーストラリアの視覚障害者団体が設立したNPOのAISが開発した、Webページのアクセシビリティをチェックしたり、シミュレーションしたりすることができるWindows版InternetExplorerのツールバーです。

例えば、閲覧中のページをグレースケール表示に変換し、色覚に以上のある人でも可読性が保たれているかなど、さまざまな確認が可能です。

<その他の機能>

  1. W3C提供のHTML/CSSチェッカーによるソースコード診断
  2. CSSをオフにした画面表示
  3. 画像をalt属性値(代替テキスト)に変換
  4. グレースケール表示に変換
  5. 見出し箇所、リンク箇所を一覧表示
  6. テーブルのセル順序を表示、リニアライズ
  7. ブラウザ画面サイズのリサイズ
  8. ブラウザ画面内の拡大
  9. 各種視覚障害の見え方をシミュレーション
  10. 機種依存文字、半角カナの使用箇所チェック
  11. 各種ツール、関連サイトへのリンク

<システム要件>

  • Windows OS(2000、Me、XP)
  • Internet Explorer 5.5以上
  • JavaScriptが利用できる環境
  • インターネット接続環境

配布サイト「infoaxia(インフォアクシア) 」より引用

現状ではVista以降のOSに対応していないことが残念です。

詳細は、配布サイトをご参照ください。

infoaxia(インフォアクシア) Web Accessibility Toolbar

UP