HOME > デスクトップアプリ > Other > Word 2002/2003で「音声認識データを保存する・・・」というエラーの対処法

Word 2002/2003で「音声認識データを保存する・・・」というエラーの対処法

Word を使っていて保存の際に、音声入力を使っていなくても、

「文書は保存されましたが、音声認識データを保存する十分な空き領域がないため、データは失われました。録音していないときは、必ずマイクをオフにし、ディスクで利用できる記憶域を確認してください。」

というエラーが出ることはありませんか?

一時的にこの設定を解除するには、

「ツール>オプション」の「保存>保存オプション>言語データを埋め込む」

のチェックをはずします。ただこの方法では、ファイルを開くたびに設定の変更をする必要があります。

常にこの設定が解除された状態にするためには、Word 2002/2003をセーフ・モードで起動(「Ctrl」キーを押しながら「WINWORD.EXE」を起動)し「ファイル > 開く」で、

XP:
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\Templates\Normal.dot
Vista:
C:\Users(ユーザー)\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Templates\Normal.dot

を開き、

「ツール>オプション」の「保存>保存オプション>言語データを埋め込む」

のチェックをはずします。
(「Wordによると、CTRLキーが押された状態です。Wordをセーフモードで起動しますか?」というメッセージが表示されなければ、セーフモードでの起動は失敗しています。)

ただし、過去に保存した「言語データを埋め込む」がチェックされたァイルは、この設定変更は反映されないので、毎回保存時にチェックを外さないとエラーが表示されてしまいます。

「Word 2003 オプション」のスクリーンショット

詳細は、「Microsoft サポート オンライン」をご参照ください。

UP