HOME > Movable Type > カスタマイズ > フィールドの一部を出力する

フィールドの一部を出力する

フィールドの一部だけを出力します。

「続き」に、次の文章の前半部分、後半部分をそれぞれ出力してみます。

<前半>

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯をうかべ馬の口とらへて老を迎ふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて漂泊の思やまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘蛛の古巣を払ひてやゝ年も暮、春立てる霞の空に、白川の関越えんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて取る物手につかず、股引の破れをつづり笠の緒つけかへて、三里に灸すうるより、松島の月まづ心にかゝりて、住める方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、「草の戸も住みかはる代ぞ雛の家」、表八句を庵の柱にかけおく。

<後半>

弥生も末の七日、あけぼのの空朧々として、月は有明にて光をさまれるものから、不二の峯幽にみえて、上野谷中の花の梢又いつかはと心細し。

睦まじきかぎりは宵よりつどひて、舟にのりて送る。千住といふ所にて舟をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻の巷に離別の涙をそゝぐ。

<本文のコード>

  • <div class="block">
  • <p>フィールドの一部だけを出力します。</p>
  • <p>「続き」に、次の文章の前半部分、後半部分をそれぞれ出力してみます。</p>
  • </div>
  •  
  • <div class="block">
  • <h2><前半></h2>
  • <!--START_data1-->
  • <p>月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯をうかべ馬の口とらへて老を迎ふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。</p>
  • <p>予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて漂泊の思やまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘蛛の古巣を払ひてやゝ年も暮、春立てる霞の空に、白川の関越えんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて取る物手につかず、股引の破れをつづり笠の緒つけかへて、三里に灸すうるより、松島の月まづ心にかゝりて、住める方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、「草の戸も住みかはる代ぞ雛の家」、表八句を庵の柱にかけおく。</p>
  • <!--END_data1-->
  • </div>
  •  
  • <div class="block">
  • <h2><後半></h2>
  • <!--START_data2-->
  • <p>弥生も末の七日、あけぼのの空朧々として、月は有明にて光をさまれるものから、不二の峯幽にみえて、上野谷中の花の梢又いつかはと心細し。</p>
  • <p>睦まじきかぎりは宵よりつどひて、舟にのりて送る。千住といふ所にて舟をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻の巷に離別の涙をそゝぐ。</p>
  • <!--END_data2-->
  • </div>

<前半部分の出力>

【出力コード】

  • <$mt:EntryBody regex_replace="/.*<!--START_data1-->(.+)<!--END_data1-->.*/s","\$1"$>

【出力内容】

月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。舟の上に生涯をうかべ馬の口とらへて老を迎ふる者は、日々旅にして旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。

予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて漂泊の思やまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘蛛の古巣を払ひてやゝ年も暮、春立てる霞の空に、白川の関越えんと、そゞろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひて取る物手につかず、股引の破れをつづり笠の緒つけかへて、三里に灸すうるより、松島の月まづ心にかゝりて、住める方は人に譲り、杉風が別墅に移るに、「草の戸も住みかはる代ぞ雛の家」、表八句を庵の柱にかけおく。

<後半部分の出力>

【出力コード】

  • <$mt:EntryBody regex_replace="/.*<!--START_data2-->(.+)<!--END_data2-->.*/s","\$1"$>

【出力内容】

弥生も末の七日、あけぼのの空朧々として、月は有明にて光をさまれるものから、不二の峯幽にみえて、上野谷中の花の梢又いつかはと心細し。

睦まじきかぎりは宵よりつどひて、舟にのりて送る。千住といふ所にて舟をあがれば、前途三千里のおもひ胸にふさがりて、幻の巷に離別の涙をそゝぐ。

使い方としては、「本文」や「続き」の内容をセンターカラムとサイドバーなど離れた場所に出力したいといった場合などでしょうか?

また、ブログやカテゴリの設定にはキーワードのフィールドがありません。カスタムフィールドが使えればカテゴリの設定ならば追加できますが、ブログの設定には追加できません。MTOSならばカスタムフィールド自体使用できません。

そんな時、「説明」のフィールドを使って、「<meta name="description" content="" />」と「<meta name="keywords" content="" />」の両方の設定を記述するというような使い方も考えられます。

<ブログ設定説明フィールドの入力内容>

  • <!--START_description-->
  • 「meta:description」に設定する内容を記述します。
  • <!--END_description-->
  •  
  • <!--START_keywords-->
  • キーワード1,キーワード2,キーワード3,キーワード4,...
  • <!--END_keywords-->

<出力コード>

  • <meta name="description" content="<$mt:BlogDescription regex_replace="/.*<!--START_description-->(.+)<!--END_description-->.*/s","\$1" remove_html="1" encode_html="1" strip_linefeeds="1"$>" />
  • <meta name="keywords" content="<$mt:BlogDescription regex_replace="/.*<!--START_keywords-->(.+)<!--END_keywords-->.*/s","\$1" encode_html="1" strip_linefeeds="1"$>" />
UP