HOME > Movable Type > プラグイン > 承認フローを実現するプラグイン「EasyWorkflow」

承認フローを実現するプラグイン「EasyWorkflow」

企業のサイトなどでは、記事を公開する前に責任者の承認を得なければならない場合があります。

そんな場合、公開状態を「未公開(原稿)」にして、責任者にメール等で原稿ができたことを連絡し、責任者は内容を確認して問題がなければ公開状態を「公開」に変更する、というような流れになるのが一般的でしょう。

プラグイン「EasyWorkflow」を導入すると、公開状態に「未公開(承認待ち)」という選択肢が追加されます。「未公開(承認待ち)」を選択して記事を保存すると、自動的に予め設定されたメールアドレスに原稿が完成したことを通知してくれます。

「EasyWorkflow」のスクリーンショット 1

責任者のメールアドレスの設定は、ブログごとに「プラグインの設定」から行います。

「EasyWorkflow」のスクリーンショット 2

<注意>

一度公開した記事でも、編集画面の公開状態が「未公開(承認待ち)」になっています。うっかりそのまま保存すると、「未公開(承認待ち)」で保存され承認を求めるメールが送信され、記事一覧から消えてしまいます。

導入の際はこの点に気をつけましょう。

配布サイト: EasyWorkflow

同じようなプラグインで、「DraftNotifier」も公開されています。

UP